那覇ポスティングBLOG

沖縄県那覇市、その周辺のポスティング(チラシ配布)情報

ポスティング 沖縄県

チラシを濡らすのは厳禁!雨の日のポスティングで気をつけるべきこと。

投稿日:

天候に左右されやすい野外での仕事。その中でもポスティングの仕事は紙を扱う為、天候には気をつかいます。
雨が続く時期はポスティングの配布も判断が必要となります。

沖縄県は年間降水日ランキングで全国11位。
つまり雨の日が多い県といえます。

そう言った雨の時期のポスティングの事について色々調べてみました。

雨の日のポスティング

雨の日には配布するのか

会社によって様々ですが雨が続く時にはポスティングは行わない方が良いと思います。無理に配布を行うとチラシが濡れてしまいます。
しかし管理が行き届いている会社であれば無理なポスティングを行わないようにクライアントと打ち合わせを行い、配布期間を延ばしたりします。
寝れたままのチラシを投函するとクレームになる可能性もあり、あまり良い印象がありません。濡れてグチャグチャになっていたチラシがポストに入っていてもあまり良い気分はしませんよね。
また無理に雨が続く時に無理してポスティングを行っても広告的にも効果も期待も出来ませんし効率も悪くなると思います。

雨の日対策

それでは雨の日対策として考えられる事をあげていきます。

天気予報

週間天気で一週間の天気予報をチェックしておきましょう。事前に一週間の天気が予測出来ているならば準備も出来るはずです。ポスティングの仕事では決まられた期間で配布を終えないといけませんのでスケジュールの管理は重要になります。固定型の仕事であればその週の天気を確認して晴れの日に仕事を早めに終えるような予定を立てる事が必要になります。

濡れない為に

やはり一番気をつけるべきなのはチラシを濡らさないという事です。大事なチラシが濡れてしまうと全てが台無しになります!梅雨時期や週間天気があまり良くない時は、濡らさない為のビニール袋や雨具を準備しておきましょう。チラシを守る為にビニールも二重にしとくなど工夫もしてみるのも良いかと思います。

工夫をして仕事

雨天時は無理に配布をしない事が一番ですが、どうしても仕事をしないといけない事があるかもしれません。
その際は集合住宅を狙って配布を行ってみましょう。配布エリアも選べると思いますし効率良く仕事出来る場所を探しておけば、雨に濡れずに多くの枚数をポスティングが出来ます。
しかし集合住宅でもポスティングを投函禁止されてる場合もありますので注意して行いましょう。

以上調べてみました。雨の日、梅雨時期は週間天気を確認して配布時期ずらすのがベストですが、急な雨などの天候不良にあう事もあります。大事なチラシを濡らさない為に準備をして仕事を行ってくださいね。

ポスティングについてのお問い合わせはコチラ

-ポスティング, 沖縄県
-, , , , , , ,

関連記事

誰も知らない?沖縄の夏場を乗り切るポスティングの裏技集

気象庁が発表する沖縄県の気温は、例えば那覇市では最低気温が1月で19℃前後、最高気温が8月で30℃強となっています。冬と夏の温度差が10℃ちょっとですから、1年を通じて温暖な気候だと言えるでしょう。最 …

沖縄県下のポスティングで通年で役に立つグッズ4+3選を紹介します

1年の平均気温が22℃前後と、とても温暖な気候の沖縄県と周辺諸島はまさに冬知らず。そのためか最近では冬場の1~2月でも観光客の訪問が増えています。 夏場ほどではないものの、沖縄の冬は日差しのやや厳しい …

沖縄県那覇市のポスティング料金形態とチラシ配布の特徴について

近年、インターネットの普及により新聞購読者がどんどん減少し、新聞折込チラシの配布も難しくなりました。 ポスティングによって1人でも多くの方にチラシを届け、さらに利用してもらうためには、配布方法に工夫が …

沖縄県でポスティングされるチラシの種類は?効率よく投函するには

アベノミクスによる経済対策で景気が復調し、日経平均株価も23000円台を回復しつつある中、各業界ともに沈滞した広告投資に力を入れ始めています。中でも各家庭や法人、商店に絶えずポスティングされるチラシの …

沖縄のポスティングにおける集合住宅のメリット・デメリット

ポスティングするなら戸建て・集合住宅・事務所、配布率がよいエリアはどれだと思われますか? 答えは…「集合住宅」です。1ヵ所でまとめて作業できるので、配布スタッフに人気のエリアです。 たしか …

Top