那覇ポスティングBLOG

沖縄県那覇市、その周辺のポスティング(チラシ配布)情報

ポスティング 南風原町 宜野湾市 沖縄県 浦添市 豊見城市 那覇市

沖縄県でポスティングされるチラシの種類は?効率よく投函するには

投稿日:2018年2月16日

アベノミクスによる経済対策で景気が復調し、日経平均株価も23000円台を回復しつつある中、各業界ともに沈滞した広告投資に力を入れ始めています。中でも各家庭や法人、商店に絶えずポスティングされるチラシの業種はいずれも勢いがある所ばかり。そこで今回は沖縄県および沖縄島嶼で投函されるチラシにはどのようなものがあり、どのように投函すれば効率が良くなるのかについて取り上げてみました。

ポスト

沖縄県下でよく見かけるチラシの種類

那覇市などの都市部で活動するポスティング業者が取り扱うチラシは実に多種雑多。
その中でも特に見かけるチラシの業種は大まかに言えば3つです。
各業種の発行するチラシの特徴をまずは解説したいと思います。

不動産関連チラシの特徴

那覇市を中心に高層マンションの建設ラッシュが目覚ましい昨今の沖縄で、一番よく見かけるものの1つが分譲・賃貸マンション入居者募集のチラシ。

PP(ポリプロピレン樹脂)をコーティングした加工紙が多く使用され、手に取ったこともあるかもしれませんが、表面は光沢があってつるつるで、高級感があります。

様々なサイズが採用されていて、一番小さなものでB5判、一番大きなものになるとA3判と多岐に渡ります。

チラシの形態は折りなしペラもしくは折り済み(二つ折りとも言う)ペラの2種類。
ペラとは折のないチラシの総称を指しますが、最近は配布効率を上げるため、投函しやすい折り済み仕様のものが増えているようですね。

食品関連(デリバリー系)チラシの特徴

食品関連で一番よく見かける業種はイタリアン・ピザや寿司などのチラシでしょう。
食べ物関係は料理の美味しさや素材の鮮度を消費者に強く訴求する必要がありますから、ここでも不動産関連チラシ同様、見栄えを良くするPP加工紙が多く使用されています。

チラシの形態としてペラタイプとパンフレット(小冊子)タイプの2つで、ペラタイプの場合は概ねサイズ的にA4判もしくはB4判、パンフレットタイプではA4判が主流です。

美容関連(ヨガ・痩身)チラシの特徴

いつの世も女性は美を追い求めるもの。
四方を海に囲まれた南洋の沖縄は東南アジアに近い風土や地勢のためか、アジアンビューティー系のサービスが今も昔も大盛況です。

沖縄県では、特に那覇市周辺でも女性を対象にしたヨガ・痩身・脱毛中心の美容系チラシを多く見かけます。いえ、沖縄だけでなく全国的に目にするジャンルのチラシかもしれませんね。

紙質は女性の美を強調する意味でPP加工紙が圧倒的に多いのですが、同じ比率で通常紙のものも見かけます。通常紙は触れるとザラザラ感があるのでPP加工紙との違いがすぐに判別できるでしょう。

サイズ的には概ねA4判またはB5判が主流で、一度に大量に印刷するのに適したペラタイプが圧倒的に多いのも特徴に挙げられるでしょう。

チラシの種類別投函方法

チラシの投函方法は広告主やポスティング業者によって指定されていることが多く、基本的にはその指示に従ってください。

概ねチラシの表面を上に、ポストに真っすぐ投函するのがルールであり、基本。
このようにすればチラシがポスト内部で溜まらなくなり、ポスト本来の投函物である郵便物や公共物、新聞紙の投函を妨げることがありません。ポストにとっては衛生環境的に良くなります。

特に指定がない場合、以下の方法で投函すると配布効率が上がりますが、ポスト内部にチラシが詰まっている状態で押し込むとクレームにつながりやすいので投函は絶対に行わないようにしましょう。

効率の良い不動産関連チラシの投函方法

経験のある方ならお分かりかと思いますが、PP加工紙は1枚1枚が繰りにくい側面があります。
意外ですよね?
何故ならPPのコーティングによって摩擦が減ってしまったため、どうしてもチラシが被ってしまうからです。

滑りやすいPP加工紙であるにも関わらず、それでも折り済みペラの配布効率が高いのは、機械折りした部分が丁度ストッパーの役目を果たしてチラシが繰りやすくなるからです。

一方、1枚物の折なしの場合はストッパーに当たる部分がなく、特に紙そのものが薄ければ、投函時にチラシが重なって重配などのミスを犯しやすくなるのが痛い所ですね。

この手のチラシの配布効率を上げるのは実はとても簡単。
チラシをあまり手に持たないことが最大のコツです。

具体的にはチラシをアーチ状に曲げながら上端を少しだけ潰し(紙の弾性でポスト投函後にほぼ元の状態に戻る程度が目安)、ジャバラ状(段々畑のような形)にずらせば、そこが折り済みペラ同様にストッパー代わりになって繰りやすくなります。
そして十分に繰れば、重配などのミスをかなりの確率で防げます。

不動産関連のチラシはどちらと言えば大判に分類されますので、完全に折らずにまっすぐ投函すると住人の目に留まりやすくなります・・・が、ポストのサイズや形状的に投函が難しい場合、もう半分に折るような形(これを専門用語で「四つ折り」と言いますが、完全に折る訳ではないことにご注意ください)で投函しましょう。

ただ、不動産関連チラシは土日を中心としたモデルルーム誘致の目的で、広告主から時間指定(例:午前中まで)される事が多いので、時間と相談しながら手際よく投函を進めてください。

分譲マンション販売を目的としたチラシの配布先としては、戸建て住宅や賃貸マンション物件中心の指定配布のパターンが多いようですね。

効率が上がる食品関連(デリバリー系)チラシの投函方法

折りなしペラが多い食品関連チラシも、不動産同様の方法で投函しましょう。食品関連チラシはどちらかと言えばキャンペーンの告知目的で発行されることが多いので、キャンペーン期間中は集中的にポスティングが行われます。

時間の制約は特になく、早朝から深夜までポスティング可能なのは嬉しい限りですね。
告知目的上、出来る限り大量に投函する必要があるので、チラシの配布先としてはエリア全体への軒並みまたはランダム配布が主流になります。

ピザに多いパンフレットタイプの投函は原則、自分から見て表紙を上に、ここでもやはりまっすぐポストに縦方向で投函しますが、持ち方を変えればやや配布効率が上がります。不動産同様にチラシをアーチ状に曲げながら上端部分をジャバラ状にずらせば、元々二つ折りでストッパー部分があるので楽に繰りやすくなるでしょう。

他にも一方の手でチラシをそのまま横向きに掴み、もう一方の手で1枚ずつ上から同じ向きで二つ折りのように投函する方法もあります。

ただ、この場合はチラシの向きに注意してください。
自分から見てチラシの「裏表紙」が上になるようにセットすれば、持ち手の関係で表表紙が上になって綺麗に投函できます。左右の向きは・・・対象物を左から右に捉える特性を持った人間の目の動きから考えれば、左側にはキャッチコピーを載せている割合が高い下の部分が来るようにしましょう。
広告効果が高まってベターです。

また、投函口の形状やサイズによっては狭かったり、小さかったりするものがあり、材質によっては重い(固い)ものもあるので、TPOによって投函方法は使い分けましょう。

手にしっくりくる美容関連(ヨガ・痩身)チラシの投函方法

元々沖縄の女性は東南アジア系の顔立ちをしたスリム美人が大勢いらっしゃるのですが、更なる女性の美に貢献して喜ばれるヨガ・痩身・脱毛関連のチラシも、上記の折りなしペラに準じた方法で投函してください。紙質が繰りにくいPP加工紙のチラシでなければ、通常紙特有のザラザラ感で若干繰りやすいのがせめてもの救いでしょうか。

主に昼間にポスティングされることが多く、配布形態で言えば、女性の居住比率が高いエリアでの軒並み配布が多いようですね。

チラシ自体もさほど大きなものはなく、どのポストでも楽に投函できるでしょう。

ただ、広告主でもある美容関連業界は「げんを担ぐ」風潮があり、例えば「チラシを絶対に二つ折りせずにそのまま、綺麗に縦方向に投函してください」等、ポスティングの仕方で色々と細かく要望することがあります。

クライアントの要望に沿えれば一番良いのですが、ポスティングは時間との戦いですから100%期待に応えられるかどうかは判断の難しい所かもしれません。75~80%の実現度を目標にして極力要望に従うようにしましょう。
それでも焦りは禁物、ここでも重配にならないようご注意を。

まとめ

沖縄県下で頻繁に投函されるチラシの種類を取り上げながら、より効率の上がる投函方法を解説してみました。とかくポスティングは時間との勝負になりがちですが、自分なりの効率アップの参考になれば幸いです。

ポスティングについてのお問い合わせはコチラ

-ポスティング, 南風原町, 宜野湾市, 沖縄県, 浦添市, 豊見城市, 那覇市
-, , , , , , ,

関連記事

沖縄県那覇市ポスティング

ポスティングでの業務委託とアルバイト それぞれのメリット・デメリット

那覇市内のポスティングを請け負っている会社での雇用形態は、ほとんどが「業務委託」か「アルバイト」に分かれます。 今回は「業務委託」か「アルバイト」、それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。 目 …

沖縄県那覇市夏ポスティング

沖縄の長い夏に!夏場のポスティングに欠かせないアイテム

夏の平均気温が30度近くまで達する沖縄県をはじめ、日差しが厳しい夏場のポスティングは日射病や熱中症のリスクが1年を通じて最も高く、色々と対策を取らなければ実に危険です。 そこで沖縄の炎天下でポスティン …

沖縄県那覇市エリアでのポスティングの特色について

沖縄県那覇市エリアは、青い空・歴史遺産「首里城」・ショッピングの国際通りなど観光イメージがとても強いですが。多くの人々が暮らしています。良い質のチラシをお届けするには、その土地の風土を知ることから始ま …

新築マンション建設ラッシュの沖縄。ポスティングにあたって変わりゆく地域を素早く覚えるには?

今まで使用してきたマップが使い物にならないほど新築マンションの建設ラッシュが進み、地域が様変わりする沖縄県。年一回の、ゼンリンなどの市街地図の更新が間に合わない時、どのようにすれば地理勘が養えるのでし …

誰も知らない?沖縄の夏場を乗り切るポスティングの裏技集

気象庁が発表する沖縄県の気温は、例えば那覇市では最低気温が1月で19℃前後、最高気温が8月で30℃強となっています。冬と夏の温度差が10℃ちょっとですから、1年を通じて温暖な気候だと言えるでしょう。最 …

Top